子宮内膜ポリープ手術をしました。子宮体癌検診とポリープの確定

こんにちは。

頑張り過ぎる会社員、ジュンコです😌

実は、『子宮内膜ポリープの手術』をしてきました。

ここまでに至る経緯と、これからやる方へ向けての記録としてこちらに書かせて頂きます!

スポンサーリンク

子宮内膜ポリープ発覚

私は生理も順調で毎月定期的にきています。

生理痛も多分軽めな方なので、生理がつらくて寝込むような事になっていませんでした。

そんな私が『子宮内膜ポリープ』を発見したのは、定期検診になりますおねがい

2020年8月に、市で開催される子宮癌検診があり、自分で行きやすい婦人科を選んで受診しました。

その時はいつも通りに終わるよねぇ〜なんて気軽に思っていたんですよね。

その婦人科は子宮頸がん検診をしたら、エコーもおまけで見るねぇ〜という良心的な病院でした。

今までエコーで診るなんて事はした事が無かったので、はじめてでドキドキ。

検査大切だよね、異常は無いと思うけど念のため診てもらおうと気軽な気持ちでした。

すると

先生が『…ん?!』

ええええ、なに怖いんですけど。

先生『うーん…ちょっとこれポリープかもね〜』

えええええ、なにポリープって。

私、生理順調なんですがえーん

ここでエコーを見せてもらい、たしかになんか塊みたいなのがある。

先生『ただ、見間違いとかもあるし、生理で流れる事もある。自覚症状も無いから少し様子を見ましょう』

様子見との事で、次の次の生理が終わったらも一度来てみてくださいとの事でしたガーン

ポリープ…いやぁ…えーん

でも、きっと生理で流れるよね、うんうん、なんて軽く受け止めていました。

子宮内膜ポリープ 生理で流れる?

子宮内膜ポリープの疑いがあったので、様子見をしていて、2.3回目の生理が終わってからもう一度受診する事になりました。

その受診日。

私はきっと生理で流れているだろう…と思っていたのですが…

先生『うーん、やっぱりポリープあるねぇ…』

どーーん、どーーん…キョロキョロ

そうなのか、まだあるのか…。

先生の話によると、

子宮内膜ポリープがある事で不妊になる可能性があるとの事でした。

私は正直、結婚も子供も希望していない35歳・・・。

でも、今後もためにも、早めに取った方がいいとの事で、別の手術できる病院を紹介してもらう事になりました。

後日、紹介された病院へ行き、再度検査をすることに。

恐怖の子宮体癌検診も受ける事に

先生「念のために、子宮体癌の検査もしましょう」

私『子宮体癌?!これって超絶痛いっていうやつじゃん!』

その場で、すぐに検査しましょう!となったので、診察台へ。

私『ああああああ、痛いの嫌だなあああああ』

あぁぁぁぁぁぁぁぁ・・・。

あぁぁぁぁぁぁ。

先生や看護師さんはちゃっちゃと進んでいきます。

いざ、診察台へ行き、心臓ばっくばく・・

とにかく深呼吸。

うぅ…ううう…泣

うん、痛かったです。

ただ私の場合は、子宮体癌検診は激痛というよりは、気持ちの悪い痛みがずっと続いているという感じでした。

きっと1、2分の出来事なのに、かなり長い時間を感じていました…😭

私『もうやりたくない』

正直な気持ちはこれです。

検査が終わり、先生とお話しを。

とりあえず、子宮内膜ポリープは確認出来ているので、手術するという事で進めていいですかね?との事。

私『今は結婚もしてないし、子供もすぐに欲しいというわけでは無いのですが、手術はしたほうがいいですか?』

先生『将来を考えたら、やっぱりしておいた方がいいです。そのままにしておくと、出血が多くなってくる可能性もありますので』

どうしても手術なんてしたくない私の最後の足掻きです。

しかし、やはり手術はしておいた方がいいとの事でした。ショボーン

とりあえず手術する方向で話が進んでいきます。

また次回に病院へ行き、手術のスケジュールを組む事に。

帰り道は、子宮体癌検診の出血が思ったよりも多くて、ビビりながらの帰宅でした。えーん

改めて、女性は大変だな…と感じながらの帰り道になりました。

次回は入院当日になります✨

コメント