銀座ランチおすすめ!土曜日に行くシェラスコ食べ放題|30代OLの女子会

銀座シェラスコ

こんにちは。

30代OLのコトリです。

銀座付近は休日のランチでよく利用しています。
なかなか敷居が高いと思われがちですが、実は休日ランチはとってもお得なんです(*^_^*)

その中でも何回もリピートしてるレストラン『TORO TOKYO』(トロトーキョー)がおすすめなんです~♡
なんとここは、『シェラスコ料理』が食べられます!

□銀座付近でちょっとだけリッチなランチを探している
□おいしいメキシカン料理、お肉料理が食べたい
□シェラスコを食べてみたい

トロトーキョーは『ラテンレストラン』なんです。
お肉もとってもおいしいので早速レポートしていきたいと思います。

スポンサーリンク

トロトーキョーとは?

トロトーキョー銀座ランチ

銀座にあるメキシコ、ブラジル、ペルー料理を提供するレストラン。

店内もとても広くて、席の間隔がかなりあります。
・・・ということは、ゆっくり周りを気にする事なく過ごせる!!

一休.comサイトより「シェラスコ食べ放題プラン」を予約

シェラスコ食べ放題のプランを予約してきました~。

トロトーキョー銀座ランチ

メニューは・・
・キアヌサラダ
・日替わりスープ
・タコス
・前菜プレート
・シェラスコ食べ放題(チョリソ、ポーク、ビーフ、シュリンプ、チキン、カジキマグロ)
・ライスボウル
・デザート&ドリンク

これで、一休からの予約コースで2,800円でした。(乾杯ドリンク付きコース)
時間制限はありませんが、シェラスコは14時ラストオーダーとの事。

キアヌ&スープはこちらです!

トロトーキョーのキアヌ&スープ

このキアヌサラダとスープがめっちゃ美味しかったです♡
キアヌの食感、スープは冷たいコーンスープでした。

前菜3種盛りはこちらです!

トロトーキョー前菜

・コロッケ
・アボカド&チップ
・真ん中のカップはピリ辛のタコとかイカ(笑)
・タコス

すみません。曖昧です。笑

銀座シェラスコ

どんどん食事が出てきますよ~(⋈◍>◡<◍)
タコス&ライスボウルです。

ライスボウルはたっぷりの野菜と豆類にお米を混ぜてサラダ感覚で食べるものだそうです。(ネット検索した)
このライスボウルはパクチーがかかってました。
タコスも安定のおいしさです。
お肉がたっぷりでボリューム満点です。

『シェラスコ、食べれるかな・・』的な感じに不安になってきました。笑

シェラスコ食べ放題はこちら

トロトーキョーシェラスコ

シェラスコです!
メニューは、チョリソ、ポーク、ビーフ、シュリンプ、チキン、カジキマグロから好きな物をチョイス。

写真は左からカジキマグロ2つ、チキン、ビーフです♡
カジキマグロなんてなかなか食べないから、頼んでみましたよ~(´・ω・`)
めっちゃ、おいしい!!
魚臭くないから、サクっと食べる事が出来ました。

トロトーキョーのシュリンプ

こちらはシュリンプ!
シュリンプも味がしっかりしていて美味しいです。
シュリンプもあんまり食べる機会がありませんので、ここぞとばかりに注文します。

トロトーキョー銀座のチョリソ

こちらはチョリソ&ポークです。
チョリソは結構辛いのです・・。
あ、ちなみにタレもついてくるのでそのタレを付けながら楽しむ事も出来ます。
トマトのさっぱりしてるサルサソース?とか、ちょっとだけ辛いタレがありました。
チョリソは辛かったので、トマトのさっぱりサルサソースを付けながら食べました”(-“”-)”

トロトーキョーのデザート

最後のデザートです。

コーヒー&アイスでした。(ヨーグルトのアイスでかなりさっぱり)
この後はしばらくゆっくりしてましたよ~!
全体的にゆっくり&のんびりしてる方が多くて、店内がとっても広いのでごみごみしてません!
かなり居心地のいいレストランなので、個人的にはとってもおすすめです(⋈◍>◡<◍)

なによりも嬉しいのが提供されるのがお水かと思ったら『炭酸水』なんです!
この炭酸水のおかげか、胃もたれしませんでした!

こんな感じでたまにご褒美をしてあげて、気持ちのいい休日を過ごしていこうと思います。

プロフィール



都内OL、33歳のコトリと申します。

仕事のストレス発散は買い物。

服・靴・小物を大量に買い、クローゼットはパンパン。

お給料日には買い物に出掛け、すぐにお金が無くなる日々。
しかし、満足する事なく、溜まっていくのは洋服とクレジットカード請求だけ。
美容にもはまり、ローン地獄にも。

それでも買い物を止める事が出来なかったのは、その時間だけが嫌な事を忘れられていたから。

あるとき、断捨離という言葉に出会い、すべてから解放されたい一心で大量の美容グッツ・服を手放す。

現在は、少ない物で生活する快適さを知り、今では『シンプルライフで楽に生きる』をモットーに自分らしい無理のない生活を送っている。

休日の過ごし方
スポンサーリンク
女子力UPとシンプルライフ

コメント